三浦家妻です。

素敵な今をお過ごしでしょうか。

 

今日は、現夫(といっても一度しか結婚したことはないけれど)との出会いついて、書いてみようと思います。

夫とは2014年4月4日にで出会いました。

出会った場所は、晴海ふ頭。

私たちは国際NGOピースボート「地球一周の船旅」を通じて出会いました。

といってもこのときは船の中で出会ったわけではなく、

船の出航を見に来ていたときに、ピースボートのスタッフを介して紹介していただき、挨拶を交わしました。

自分の気持ちを振り返ると、実は、この時、めっちゃくちゃ気になったんです。

いわゆるこれが「一目惚れ」だったのだと思います。

一目惚れって、その人が出す、全体の雰囲気が大いに影響しますよね。顔は人それぞれの好みですからね(笑)

そうこうしている後、約1か月後にはお付き合いすることになりました。やった!!!

 

余談ですが、私が子供のころに松田聖子が、「ビビビ婚」?といって世間を賑わしていたのも記憶しています。

親はいつものように、ばかじゃないの??何考えてるのかしら的にブーイングしていた記憶があります。

でも、それってとても大事なことじゃないの?と思ったりしていた気がします。

きっと、素直にこの人といたいと思えることって大事ですよね。

計算でもなく、将来の不安を埋めるでもなく、ただ素直にいるということ。

(※松田聖子がそうだったとはまだ別の話しですが。。。。)

 

と、このことを最近思い出していたんです。

 

夫とはそこで出会うべくして出会っているのだろうということ。

前世でも一緒だったことが多い気がします。

・師弟関係(もちろん、夫が師匠)

・ライバル関係

・夫婦

など。

そう思うと、今の夫婦関係が腑に落ちるんですよね。

それと、夫はおそらく先生的な立場や、宣教師?革命家的な時もあったんだろうな~と勝手に妄想して楽しんでいます。

 

観てないからわからないのですが、映画「君の名は。」の主題歌でも「前前前世から僕は君を探し続けたよ~♬」という歌詞。

まさに当時の私そんな気分だったんだろうな~と12年の時を超えて思ったことなんです。

 

好きだから一緒にいる。すべては自分次第でよくも悪くもなる。

簡単なようで、簡単に行かなくていつもアップダウンの激しい事もありますが、

基本的に大好きなんです。

 

相手が私に対してどう思うかではなく、素直な私の気持ちを大切にしようと思う妻でした。

 

しかも、一目惚れ結婚の離婚率は低いらしいです。

魂の叫び❤ココロの声に従ったということですかね♪

 

頭で考えてきたこの10年の夫婦生活。

これからはどんどん解放していきたいわ♬