三浦家妻です。

夫はしばらく出没しておりませんね・・・・

恐らく本業が忙しいのでしょう。

ブログを始めたときのブログをやめる時は・・・というところでは

「飽きた、自然消滅」とあり、まさにそれになりそうな勢いではありますが、

妻は細々書いていこうと思います。

初心に帰り一番最初のブログのご挨拶をどうぞ👇

http://miuralife.com/?p=22#comment-3

 

夫のことはさて置き、今回はタイトル通りの話題です。

長女が10歳、次女が6歳。

普通に考えると長女と次女合わせて16回のプレゼントをしていることにはなりますが、

三浦家の場合、長女が小さかったときは、

ちょっぴりだましだましだったような記憶があります。

 

ここ2.3年は夫と、子供たちに何をプレゼントにするかを相談しますが・・・・

大抵、子どもに使ってほしいものはもちろん、自分も使いたいもの、ほしいものを基準に考えています(笑)

 

2017年の長女の誕生日プレゼントに関しては、夫と全く同意見だったため、

「カメラ」で満場一致!

夫と同じようなことを考えていたことにも嬉しくなったりもして💛

(趣旨がズレル・・・)

とはいえ、このときは自分も欲しいな~と思っていたことも去ることながら、

長女の興味とこれからを考えると、かなりベストなプレゼントであったことには

違いない♬(親の自己満もあり。)

 

基本的に「使わなくなる今だけの流行りのおもちゃ」は、

いらないというスタンスの夫婦でもあるので、

ずっと大切に出来るものという基準で選んでいます。

誕生日は親がプレゼントしたいものをしていますが、

本人がほしいものはサンタさんに丸投げしましょう!!!

サンタさん、毎年ありがとう!!!感謝!!

 

そもそも、人にものをあげるっていう行為がとても難しい。

いらなくなったり、相手の好みとは合わずに使用できなかったらとか考えると、

無難になりがち。

でも、この大量生産大量消費の世の中だからこそ、プレゼントという自己表現の場でもある

行為を大切にしたいですよね。