第46回ピースボート地球一周の船旅 15周年同航会のお知らせ

第46回ピースボート地球一周の船旅 15周年同航会のお知らせ

みなさま

お待たせしました。
2004年の乗船後から定期的に続いている同航会が、今年でついに15周年となりました。

日時、場所、募集要項などは、fecebook、口コミを中心に進めますが、
この記事では大まかな概要や楽しさが伝わればと思い、作成しました。

乗客950人全ての方にはお届けできない事情もありますが、
一人ひとりのお声かけで、たくさんの方にご出席いただきたいと存じます。

ピースボートとは

1983年より設立された国際交流の船旅をコーディネートするNGOです。
詳しくは、他の記事でも取り上げてますのでご覧ください。
NGOピースボート、退職します
ピースボートの正体。参加者

第46回ピースボート地球一周の船旅とは

2004年7月14日~2004年10月19日の期間に、世界一周をしていた募集型企画旅行。

参加人数950名
ヤング4割弱、シニア5割強

参加者層もクルーズによっては異なるが少子高齢化の影響は少なからず受けている。第46回クルーズは、年齢バランスもすごく良いクルーズ

訪れた航路は、般若しんきょうのように覚えています(いますよね?)
東京、神戸、台湾、ベトナム、シンガポール、スリランカ、エリトリア、エジプト、ギリシャ、イタリア、イギリス、ノルウェー、北アイルランド、アメリカ、ジャマイカ、コロンビア、グアテマラ、カナダ、ロシア(悪天候)
、東京、神戸(悪天候)

という航路ですよね。

2004年アテネオリンピック開幕から2日後のギリシャや、
911から3年目のニューヨークに寄港することが何よりスペシャルで
乗りたい!って思った人の乗船率も、それはそれは高かった、というクルーズです。

第46回ピースボート地球一周の船旅 同航会

今回の同航会は、そのクルーズに乗り合わせた方の同窓会であり、
クルーズに合わせて航海の「航」を使ってこの15年間継続して実施している。
※またその家族なども参加可能

ピースボートの正体。過去乗船者

なので、関係ない方には、全く関係ない記事にはなりますが、

ピースボートは乗船したからゴールではなく、
下船してからが、楽しい by 三浦

という格言があるくらい

言葉では表せない空間であり、時間が経過した後にも、じわじわと思いだしたり、人生の糧になっていたりする。
何年ぶりに会っても、久しぶり!って気がしないくらい、話しのネタは尽きない。

真実は、乗船した人、一人ひとりの中にある。

それではお知らせです。
※再度お伝えしますが、この記事では日時、詳細はこの記事ではふれません。
何とか関心がある人達には、、、届いてほしい情報です。

ピースボート同航会のお知らせ

ピースボート同航会。
私の座右の銘は、少年の心。

ピースボート同航会
日時、場所

日時、場所は、facebookページ、または口コミでお知らせしております。

ピースボート同航会

ピースボート同航会

ピースボート同航会

ピースボート同航会

ピースボート同航会

ピースボート同航会

ピースボート同航会

ピースボート同航会。※写真はイメージです。

ピースボート同航会

ピースボート同航会

ピースボート同航会。参考資料ピースボート船内新聞

ピースボート地球一周の船旅同航会

ピースボート地球一周の船旅同航会

ピースボート地球一周の船旅同航会

※日時、参加費は、この記事では記載しません。

ピースボート地球一周の船旅同航会

ピースボート地球一周の船旅同航会

ピースボート地球一周の船旅同航会

※詳しくは、施設ホームページをご覧ください。

ピースボート地球一周の船旅同航会

ピースボート地球一周の船旅同航会

ピースボート地球一周の船旅同航会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代・二児の新米主夫。田舎に生まれ育ち、世界一周、国際協力を経て、山梨県北杜市に家族で移住。転職、ゼロからのスタート。念のためJターン。目的を持った人が集まる場所作り計画中。生き方を振り返る記録や自己紹介になるブログ。都会から田舎への移住生活、田舎暮らし、農的暮らし、旅、家族について書き連ねる。 #山梨県 #北杜市 #移住 #家族 #子育て #世界一周 #田舎暮らし #農業 #くだらない写真 #農的暮らし #家族 #主夫#世界一周 #旅